2011年04月22日

Musee du Louvre

小さな頃から いつか行きたいと願っていた美術館ぴかぴか(新しい)

目の前に現れた美術館の大きさに圧倒され しばらく美術館の外観を眺めていました
こんな環境が自分たちの近くにある Parisの人たちが羨ましい。。

 この日は、夜遅くまで開館している日 たっぷりと絵画を堪能します


DSCF0060.JPG

物議のあったガラスのピラミッドもすっかりルーヴルの顔



DSCF0068.JPG

DSCF0069.JPG

夕日を浴びたルーヴル美術館
 
 
 
posted by mansai-euro at 14:05| Comment(0) | Take(j'aime Paris) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

faire une promenade dans Paris

パレ・ロワイヤル近くのHotelに宿をとった私は、

早くパリの街を散歩したくて

Hotelで休憩もせず、街へと出掛けてるんるん行きました。

DSCF0235.JPG

ルイ14世が子供時代をこのPalais Royalの宮殿で過ごしました

初夏のParis 庭園の木々も絵になります



DSCF0238.JPG

いよいよルーブル美術館へ




posted by mansai-euro at 21:11| Comment(0) | Take(j'aime Paris) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

Rue d'or

チェコを代表する作家 フランツ カフカ (変身)(審判)など...読んだことはありませんが

ここプラハ城内の 黄金の小路ぴかぴか(新しい)

立ち並ぶ家の一角に、カフカが創作活動に使用した家が残っています




PICT0133.JPG

青い外壁の家がカフカの家です





PICT0134.JPG

昔、錬金術師や金箔職人が住んでいたらしく 黄金の小路と呼ばれています
 
 
 
 
posted by mansai-euro at 17:44| Comment(0) | Take(Praha) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

Un Petit village du Midi

南仏の村を散策

積み上げられた石の家 、塗り壁、 水場

おいしい空気と、どこまでも青い空

やはり南仏は憧れの場所ですね


DSCF0196.JPG

DSCF0200.JPG

村の中に水場が多いのも南仏らしい光景




DSCF0197.JPG

壁のテクスチャー 汚れ具合もいいですね




DSCF0203.JPG

DSCF0202.JPG

積み上げられた石に歴史をかんじます
 
 
 
 
 
posted by mansai-euro at 13:39| Comment(0) | Take(France) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

Paris le déclic

パリの人々を観察

すごく熱い飲み物が苦手

すごく冷たいのも苦手

すごく辛いものだとまず食べない

雨でも傘をささない

いつも挨拶してる

いつもキスしてる

いつも文句を言ってる

甘いものは大好き

他人の行動は気にしない

だけど素敵な物にはすぐ誉めてくれる

女性にはとてもやさしい

etc.....



いつ訪れてもこの街は刺激的、そんなパリが私は好きです






DSC02589.JPG

パリには代表的な建物がたくさんありますが、

やはりパリの顔といえばエッフェル塔



パリ万国博のために建設されたもので

設計者はギュスターブ・エッフェル

当時、非難の声が多かったこの塔も、今ではパリのシンボルです


エッフェルさんはニューヨークの自由の女神像の鉄骨を組み上げた

技術者でもあります

 
 
 
 
posted by mansai-euro at 11:45| Comment(0) | Take(j'aime Paris) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。