2011年01月28日

ドナウの真珠

ドナウ川流域で最も美しい街ブダペスト。

独特の文化と伝統ある街。

温泉いい気分(温泉)大国でもあり、

美人ぴかぴか(新しい)の多い街でもあります。

DSCF0169.JPG

ブダペストのシンボル「くさり橋」

ブダ地区と、ペスト地区を結んでいます。

 
 
 
posted by mansai-euro at 18:12| Comment(0) | Take(Budapest) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

A la maison du midi(troisieme)

お邪魔したお宅は、

日本人の奥さんとフランス人のご主人の

二人で住んでいる住宅。


古い家を買い リフォームを重ね、今のインテリアになったそうです。
(フランスの古い家などは、取り壊して新築することを禁止されているものもあります)

万彩リフォームのヒントになりそうですね。


DSCF0149.JPG

リフォームのほとんどを二人で工事したそうです。





DSCF0152.JPG

ルスティックな感じがいかにもプロヴァンスです。





DSCF0151.JPG

天井 暖炉もあじわいがあります。







posted by mansai-euro at 19:24| Comment(0) | Take(France) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

ステンドグラス

私の好きな画家の一人、アルフォンス・ミュシャ。

チェコを代表するアールヌーヴォーの画家です。


PICT0113.JPG

ミュシャの作品が、ステンドグラスとして大聖堂内に残っています。

聖書の中身を知らない私には絵柄は理解できませんが

美しいのは確かです。




PICT0112.JPG

聖堂内にはその他にも美しいステンドがあります。

 
 
 
 
posted by mansai-euro at 20:14| Comment(0) | Take(Praha) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

千年の都

黄金のプラハ

かつてそう呼ばれていたこの都は

今でも千年の時の流れを感じとれる

しっとりと落ち着いた、とてもいい都です。


PICT0163.JPG

プラハといえばこの風景。



PICT0066.JPG

そびえ立つのは、プラハ城の聖ビート大聖堂です。
 
 
 
 
posted by mansai-euro at 15:13| Comment(0) | Take(Praha) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

A la maison du midi(deuxieme)

un volet(鎧戸/雨戸)ヴォレは、

地中海沿岸ではよく見かける雨戸で


室内側に開く窓が多いヨーロッパでは

外へ向かって両開きの雨戸を付けることが可能です



防犯はもちろん 南仏の強い日差しを遮り、

除き穴のあるものから、ルーバーになってるものまで

デザインや色は各地で違いがあります。



最近では、日本のアンティークショップでも

フランスから輸入して売っているお店もあります


DSCF0164.JPG


DSCF0204.JPG

 
 
 
posted by mansai-euro at 19:02| Comment(0) | Take(France) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。